タザワ ヤスヒロ
  田澤 安弘   社会福祉学部 福祉心理学科   教授
■ 標題
  多元的ブリーフセラピーによって介入した社交不安障害の事例ベース研究-自己洞察の変化および自己洞察が思考と感情に及ぼす影響の時系列分析
■ 概要
  社交不安障害の6人を対象として多元的ブリーフセラピーと呼ぶ時間制限短期療法を行い、自己洞察のレベルの変化と、自己洞察が否定的な感情と思考に及ぼす影響について、時系列分析によって解析したもの。
   共著   北星論集   53号   pp.147-163   2016/03