タザワ ヤスヒロ
  田澤 安弘   社会福祉学部 福祉心理学科   教授
■ 標題
  クライエントの怒りへの介入とセラピストの責務と倫理
■ 概要
  本論では、セッション中にセラピストに対して激しい怒りを爆発させた一女性を事例として提示し、怒りの場面におけるクライエントとセラピストの相互交流を詳細に分析することによって、怒りへの介入ステップが段階づけられたひとつのモデルを構成した。また、クライエントの怒りに触れる際の、セラピストの責務と倫理についても検討した。構成されたモデルは以下である。(ステップ1: 怒りの徴候に注意を喚起し、その気持ちに耳を傾けるつもりであることを伝える。ステップ2: 表出された怒りを受け止めて、メッセージを聞き取る。ステップ3: 怒りのコンテクストを探索する。ステップ4: 怒りの背後にある一次的感情を探索する。ステップ5: セラピストの自己開示によって互いの異質な体験を照らし合い、怒りの心的体験を相互主観的に交叉させる。)
   共著   北星論集   第55号   pp.37-56   2018/03