ヤナギマチ トモハル
  柳町 智治   文学部 英文学科   教授
■ メールアドレス
   tyana@hokusei.ac.jp
■ 現在の研究分野
  応用言語学, 相互行為分析, 第二言語学習, 第二言語教育 (キーワード:応用言語学、相互行為分析、第二言語学習、第二言語教育) 
■ 著書・論文等
1. 2019/03 論文  北海道ニセコ地区のスキーリゾートにおける英語による接客 ー従業員-顧客間の参与役割、知識技能、言語能力の非対称性をめぐってー  (単著) 
2. 2017/12 論文  Co-construction of an L2 speaker's interactional competence: Recipient responses in an interview activity  (共著) 
3. 2017/07 著書  インタラクションと学習(ひつじ研究叢書(言語編)第136巻)  (共著) 
4. 2016/09 その他 巻頭言 特集「メタ・コミュニケーション」―社会言語科学における共通基盤を求めて―  (共著) 
5. 2015/07 論文  Artifacts, gestures, and dispensable speech: Multimodality in teaching and learning of a biology laboratory technique  (共著) 
6. 2014/03 その他 CEFR/JFスタンダードにおける言語ポートフォリオの意義:日常的実践の相互行為分析の結果から  (単著) 
7. 2014/02 その他 日常的実践を組織する能力とその評価  (単著) 
8. 2013/07 論文  外国人留学生による日本語コミュニケーションにおける問題点と改善策  (共著) 
9. 2010/12 論文  大学校舎における学びと知識・情報のネットワーク: 北海道大学留学生センターの設計理念  (単著) 
10. 2009/08 論文  第二言語話者によるインタラクションへの参加と学習の達成  (単著) 
11. 2009/04 論文  ハイブリッドのデザインとしての教室そして学習者  (単著) 
12. 2008/08 論文  インストラクションの組織化:マルチモダリティと「参加の枠組み」の観点から  (共著) 
13. 2006/07 論文  言語コーパスの構築と使用をめぐる倫理的問題―インフォームド・コンセントを中心に―  (単著) 
14. 2006/03 論文  辞書検索能力を養成する初級漢字カリキュラムの理念と実践  (共著) 
15. 2006/01 論文  実践に埋込まれたインタラクション:理系研究室における実験の社会的組織化  (単著) 
16. 2006/01 論文  教室における知識・情報のネットワーク:入門フランス語クラスでの調査から  (単著) 
17. 2004/02 その他 非母語話者の日本語を「評価する」ということ―実践への参加とその組織化の視点から―  (単著) 
18. 2003/09 論文  語言形式和功能相結合―関於日本初級漢語聴力教材開発的一些思考―  (共著) 
19. 2003/03 論文  Sociolinguistic/interaction-analytic perspectives on AJSL research  (単著) 
20. 2003/03 論文  AJSL研究における社会言語学的・相互行為分析的視点―目標言語の使用とその文脈への注目―  (単著) 
21. 2002/12 その他 Amy Snyder Ohta著『Second language acquisition processes in the classroom: Learning Japanese』  (単著) 
22. 2001/06 その他 ウチとソトを結ぶ談話能力  (単著) 
23. 2001/03 その他 談話能力の発達とウチ/ソトの関係  (単著) 
24. 2000/12 論文  日本語学習者のジェスチャーが母語話者による評価に与える影響  (単著) 
25. 2000/06 論文  JFL learners’ referential-form choice in first-through third-person narratives.  (単著) 
26. 2000/06 その他 学習者談話の研究と日本語教育  (単著) 
■ 科研費補助金・受託研究等研究課題
1. 2002/04~2003/03  北海道における定住外国人の日本語習得に関する研究 
2. 2004/04~2007/03  日本語の学習・使用場面における相互行為の分析 (基盤研究(c))
3. 2007/04~2010/03  日本語を第二言語とする者の相互行為能力に関する研究 (基盤研究(C))
4. 2010/04~2014/03  インタラクションを組織化する能力とその教授法に関する研究 (基盤研究(C))
5. 2011/10~2015/03  日本語を母語あるいは第二言語とする者による相互行為に関する総合的研究 
■ 所属学会
1. 1996~ 日本語教育学会
2. 1997~ 第二言語習得研究会(JASLA)
3. 1998~ 社会言語科学会
4. 2000~ 日本認知科学会
5. 2018~ 日本言語政策学会
6. 2018~ 日本英語コミュニケーション学会
■ 学歴
1. 1993/09~1997/08 ミネソタ大学教育学大学院 第二言語文化教育専攻 博士課程修了 Ph.D.(教育学)
■ 職歴
1. 1991/09~1993/06 ミネソタ大学 日本語プログラム 専任語学教員
2. 1997/08~1998/05 ウィスコンシン大学マディソン校 東アジア言語文学部 客員助教授
3. 1998/06~2008/03 北海道大学 留学生センター 助教授・准教授
4. 2008/04~2012/03 北海道大学 留学生センター 教授
5. 2012/04~ 北星学園大学 文学部 英文学科 教授