カツムラ ツトム
  勝村 務   経済学部 経済学科   准教授
■ 現在の研究分野
  政治経済学原理論, 文化経済学 (キーワード:価値、貨幣、信用、資本概念、労働力商品、地代、NPO、享受能力) 
■ 著書・論文等
1. 2013/04 著書  貨幣と金融:歴史的転換期における理論と分析  (共著) 
2. 2016/03 著書  経済原論研究への誘い  (共著) 
3. 2007/03 論文  労働力商品論の課題  (単著) 
4. 2017/12 論文  文化経済学とマルクス経済学  (単著) 
5. 1999/07 著書  貨幣・信用論の新展開  (共著) 
6. 2012/03 論文  貨幣の価値を決めるもの  (単著) 
7. 2009/09 論文  資本の価値と価値喪失過程  (単著) 
8. 2005/11 著書  模索する社会の諸相  (共著) 
9. 2016/07 その他 特集にあたって(価値論研究の意義と可能性)  (単著) 
10. 1998/02 論文  地代論研究の問題群  (単著) 
11. 2008/03 論文  市場価値論と時間  (単著) 
12. 2006/01 論文  世界経済論の焦点としてのアフリカ  (単著) 
13. 2017/06 その他 多目的を克服する見識と工夫を 芸術劇場に望むもの  (単著) 
14. 2013/03 論文  大学チャペルの新旧パイプオルガンについて − 北星学園とオルガン −  (単著) 
15. 2019/03 その他 カール・マルクスとキリスト教 -マルクス生誕200年によせて-  (単著) 
16. 2006/12 その他 「クァルテット世界標準」を目指して-エク・プロジェクトの挑戦  (単著) 
17. 2014/10 その他 編集後記(マルクス恐慌論をめぐって:恐慌論と21世紀型危機)  (単著) 
18. 1996/01 論文  地代論と生産価格・競争  (単著) 
19. 2011/06 その他 研ぎ澄まされた世界 弦楽の魅力 国内普及
クァルテット・エクセルシオの挑戦  (単著) 
20. 2012/08 その他 北星学園大のパイプオルガン更新 半世紀の響きに幕  (単著) 
21. 2017/07 著書  市民はかく闘った  (共著) 
22. 2016/09 その他 ベートーヴェンとシェイクスピア -ピアノソナタ「テンペスト」のことなど-  (単著) 
■ 所属学会
1. 1997/10~ 経済理論学会
2. 2009/07~ 政策科学学会
3. 2012/04~ 文化経済学会<日本>
■ 学歴
1. 1988/04~1992/03 東京大学 経済学部 経済学科 卒業 学士〔経済学〕
2. 1992/04~1996/03 東京大学社会情報研究所教育部研究生課程
3. 1993/04~1996/03 東京大学大学院 経済学研究科 第2種(一貫制) 修士課程修了 修士〔経済学〕
4. 1996/04~2000/03 東京大学大学院 経済学研究科 第2種(一貫制) 博士課程単位取得満期退学
■ 職歴
1. 1994/04~1995/03 筑波大学附属高等学校 非常勤講師
2. 1998/04~1999/03 文教大学 国際学部 非常勤講師
3. 2000/04~2003/03 国士舘大学 政経学部 非常勤講師
4. 2002/04~2005/03 大東文化大学 経営学部 非常勤講師
5. 2002/10~2004/03 東京学芸大学 教育学部 非常勤講師
6. 2004/04~2006/03 筑波学院大学 非常勤講師
7. 2004/10~2005/09 東京学芸大学 教育学部 非常勤講師
8. 2006/04~2010/03 北星学園大学 経済学部 経済学科 専任講師
9. 2010/04~ 北星学園大学 経済学部 経済学科 准教授
10. 2012/04~2012/09 札幌学院大学 経済学部 非常勤講師
11. 2013/11~2014/03 東京大学 大学院経済学研究科附属日本経済国際共同研究センター 客員准教授
12. 2014/04~2018/03 北海道教育大学岩見沢校 芸術・スポーツ文化学科 非常勤講師
13. 2014/09~2015/03 札幌学院大学 経済学部 非常勤講師