ナカムラ カズヒロ
  中村 一浩   経済学部 経済学科   教授(嘱託)
■ 現在の研究分野
  社会政策, 人的資源管理 (キーワード:労働問題、社会政策、人的資源管理(労務管理)) 
■ 著書・論文等
1. 2012/03 その他 65歳まで雇用義務化~給与下げ「働く環境」を~  (単著) 
2. 2007/03 論文  第二次世界大戦末期のドイツ労務動員体制の確率過程-ヒトラー暗殺未遂事件に至る迄の推移-  (単著) 
3. 2005/03 論文  ドイツ占領地域に於ける労働力徴用と国内移送 1943-44年  (単著) 
4. 2003/03 論文  1943年ドイツ勤労動員政策-男女国防任務届出制度と事業所閉鎖措置を中心として-  (単著) 
5. 2002/03 論文  1942年ザウケル(GBA)体制下に於ける外国人徴用政策と東方出身強制連行労働者の状態  (単著) 
6. 2000/02 著書  新版 労働経済  (共著) 
7. 1999/03 その他 【研究ノート】F.ザウケル労働配置総監任命と戦時経済統制機構の再編成-シュペーア体制の確立過程-  (単著) 
8. 1998/03 その他 【研究ノート】独ソ戦初期に於けるソ連人徴用の拡大  (単著) 
9. 1997/03 論文  独ソ戦初期のナチス労働力政策  (単著) 
10. 1996/03 論文  独ソ開戦前のナチス女子・外国人労働配置政策  (単著) 
11. 1996/02 著書  国際化と労働問題  (共著) 
12. 1995/03 論文  第二次世界大戦の勃発とナチス体制下の労働力動員1939/1940年  (単著) 
13. 1994/03 論文  ナチス労働配置政策1936-39-国民徴用制への過程-  (単著) 
14. 1993/03 論文  第一次四ヶ年計画期ドイツ国民社会主義失業対策1933-36(下)  (単著) 
15. 1992/05 著書  労働経済-「日本的経営」と労働問題-  (共著) 
16. 1990/03 論文  第一次四ヶ年計画期ドイツ国民社会主義失業対策1933-36(上)  (単著) 
17. 1989/03 論文  国民社会主義労働秩序の確立-1933年ドイツ労働組合運動の終焉-  (単著) 
18. 1987/03 その他 【翻訳】西独労働組合(DGB)の財産政策・経営内所有参加批判  (単著) 
19. 1986/05 論文  西ドイツの所有参加  (単著) 
20. 1986/03 その他 【翻訳】経営内所有参加実施企業調査資料(ドイツ労働総同盟連邦執行委員会社会政策部経済社会研究所)  (単著) 
21. 1983/09 論文  西独勤労者財形構想の展開  (単著) 
22. 1982/09 論文  1950年代西独財産改革の展開-被用者財形制度の形成過程-  (単著) 
23. 1982/05 論文  西独従業員資本所有参加の諸形態とその特質  (単著) 
24. 1981/09 論文  西ドイツの従業員資本所有参加をめぐる諸問題  (単著) 
25. 1981/07 論文  西ドイツに於ける経営内所有参加の展開とその現状  (単著) 
26. 1981/03 論文  ドイツに於ける「参加」の系譜(4)  (単著) 
27. 1980/09 論文  ドイツに於ける「参加」の系譜(3)  (単著) 
28. 1980/06 論文  西ドイツに於ける人員解雇に際しての経営協議会の役割  (単著) 
29. 1980/02 論文  ドイツに於ける「参加」の系譜(2)  (単著) 
30. 1979/09 論文  ドイツに於ける「参加」の系譜(1)  (単著) 
■ 所属学会
1. 1977/05~ 日本労働法学会
2. 1980/10~ 社会政策学会
3. 1984/05~ 日本労務学会
4. 1986/05~ 日本労使関係研究協会
5. 2006/06~ 軍事史学会
■ 学歴
1. 1971/04~1975/03 早稲田大学 法学部 卒業 法学士
2. 1975/04~1977/03 早稲田大学大学院 法学研究科 民事法学専攻〔労働法専修〕 修士課程修了 法学修士
3. 1977/04~1979/03 早稲田大学大学院 文学研究科 史学(西洋史)専攻 修士課程修了 文学修士
4. 1979/04~1984/03 早稲田大学大学院 商学研究科 商学専攻〔経営経済専修〕 博士課程単位取得満期退学
■ 職歴
1. 1995/04~2018/03 北星学園大学 経済学部 経済学科 教授
2. 2001/04~ 北星学園大学大学院 経済学研究科 教授/併任
3. 2018/04~ 北星学園大学 経済学部 経済学科 教授(嘱託)