ナカタ トモオ
  中田 知生   社会福祉学部 福祉計画学科   准教授
■ 現在の研究分野
  社会学 (キーワード:社会学、社会老年学、社会統計学、社会階層、計量的手法、不平等、健康、退職、地域福祉) 
■ 著書・論文等
1. 2017/03 論文  高齢者におけるソーシャル・サポートと眼鏡と補聴器の使用:ランダム効果モデルを用いて  (単著) 
2. 2017/03 論文  元気な高齢者政策としてのAge-Friendly City  (単著) 
3. 2016/03 論文  健康から考える非正規雇用の課題と対策:第8回非正規雇用の多様性③増加する中高年齢の非正規雇用者と健康問題  (共著) 
4. 2016/03 論文  親子間の資源伝達とその要因に関する研究-子どもに対する札幌調査から-  (単著) 
5. 2016/03 論文  高齢者ネットワーク規模の変化の男女差:離散時間ロジットモデルを用いて  (単著) 
6. 2016/03 論文  日本の教育システムにおける評価と角画一化-MAXQDAを用いた学校教師へのインタビュー分析を通して-  (共著) 
7. 2015/12 著書  友人が多いほど健康であり続けられるのか-パネルデータを用いた主観的健康感の男女差  (単著) 
8. 2015/03 論文  社会的ネットワーク、社会的サポートと高齢者の健康状態に関する研究−高齢者の主観的健康感と慢性疾患の指標を用いて−  (共著) 
9. 2015/03 論文  コミュニティ・ガバナンスとは何か-コミュニティ研究における社会関係資本-  (単著) 
10. 2013/05 著書  量的研究の論文構成  (単著) 
11. 2013/07 著書  ソーシャルキャピタルの可能性と限界  (単著) 
12. 2012/04 論文  高齢者における健康満足感の推移と社会階層:集団軌跡モデルを用いて  (単著) 
13. 2012/03 論文  過疎地域結合データによる地域住民の活動自主性に関する分析  (単著) 
14. 2011/03 論文  ソーシャルキャピタルと生活困難の関連-マルチレベルモデルを用いた分析から-  (単著) 
15. 2010/03 論文  ソーシャルキャピタルと福祉コミュニティに関する分析枠組みの検討  (単著) 
16. 2008/07 論文  高齢期における主観的健康悪化と退職の過程-潜在成長曲線モデルを用いて-  (単著) 
17. 2008/03 論文  社会階層による健康悪化プロセスの差異に関する研究-共分散構造分析を用いた潜在成長曲線モデルによる分析-  (単著) 
18. 2008/03 論文  地域による健康の格差の分析-ランダム係数モデルを用いた分析から-  (単著) 
19. 2007/03 論文  Subjective Life Expectancy and the Accumulation of Assets among Elderly Japanese People  (単著) 
20. 2006/04 論文  加齢と社会階層  (単著) 
21. 2006/03 論文  Longitudinal Analysis of the Relationship between Social Stratification and Process of Worsening Health  (単著) 
22. 2004/03 論文  退職とその不平等に関する社会学的研究  (単著) 
23. 2002/03 論文  世代内移動と健康の変動-健康の縦断的指標による分析  (単著) 
24. 2001/03 論文  健康悪化のプロセスと社会階層-健康の縦断的指標をめぐって-  (単著) 
25. 2000/03 論文  Authoritarian Conservatism and Health Locus of Control in Elderly Japanese People  (単著) 
26. 1999/08 論文  マルチレベル分析による生活満足度の分析
-SAS PROC MIXEDを用いて-  (単著) 
■ 科研費補助金・受託研究等研究課題
1. 2006/04~  相関のある社会学データの分析モデルとその応用に関する研究 (国内共同研究)
2. 2011/04~2015/03  地方における住民参加型介入の社会関係資本醸成に及ぼす効果に関する実証的研究 (国内共同研究)
■ 所属学会
1. 1987/04~ 北海道社会学会
2. 1988/04~ 日本社会学会
3. 1988/04~ 数理社会学会
4. 1994/04~ 北海道地域福祉学会
5. 1994/04~ 日本行動計量学会
6. 1994/04~ 日本地域福祉学会
7. 1994/04~ 日本社会福祉学会
8. 1994/04~ 日本社会老年科学会
9. 1995~ 日本保健医療社会学会
10. 1999~ アメリカ社会学会
11. 2000~ 国際社会学会
12. 2002~ 福祉社会学会
13. 2003 アメリカ老年学会
■ 学歴
1. 1984/04~1988/03 北海道大学 文学部 行動科学科 卒業 文学士
2. 1988/04~1990/03 北海道大学大学院 文学研究科 行動科学専攻 修士課程修了 文学修士
3. 1990/04~1991/03 北海道大学大学院 文学研究科 行動科学専攻 博士課程中退
■ 職歴
1. 1994/04 北星学園大学 文学部 助手
2. 1995/04~1996/03 北星学園大学 文学部 専任講師
3. 1996/04~2001/03 北星学園大学 社会福祉学部 福祉計画学科 専任講師
4. 2001/04~2007/03 北星学園大学 社会福祉学部 福祉計画学科 助教授
5. 2002/04~2003/03 英国 キール大学
6. 2006/04~ 北星学園大学大学院 社会福祉学研究科 助教授/併任
7. 2007/04 北星学園大学大学院 社会福祉学研究科 准教授/併任
8. 2007/04~ 北星学園大学 社会福祉学部 福祉計画学科 准教授