タムラ サナエ
  田村 早苗   文学部 共通部門   専任講師
■ 標題
  Projections of events and propositions in Japanese: A case study of Koto-nominalized clauses in causal relations
■ 概要
  本論文は、日本語のコト名詞化句の因果構文における解釈に注目して、コト名詞化句の意味論的分析を提示したものである。特に、コト名詞化句にモーダル表現が現れうるときと現れえないときの差に注目し、コト名詞化句の統語構造に2種類を想定すべきであることを示した。その上で、名詞化句の意味論的分析を行い、それに基づいて因果構文の解釈を説明した(原由理枝氏、金英周氏、酒井弘氏との共同研究)。
   共著   Lingua   Elsevier   pp.262-288   2013/09