フジキ アキコ
  藤木 晶子   短期大学部 生活創造学科   専任講師
■ 標題
  Interaction between Mental Rotation and Manual Rotation with and without Motor Planning
■ 概要
  心の中に思い浮かべた心像(イメージ)を動かすには,実際に手で対象を動かすのと同様の認知機能が関与していると考えられている。本論文では,その認知機能の詳細を探るべく,心の中で心像を動かす必要のある心的回転課題の成績に対し,自発的な運動プランニングが必要な能動的な手回転運動と,それを必要としない受動的な手回転運動の2種類の運動がどのような効果を及ぼすのかを比較検討した。その結果,心的回転には,参加者自らが手を動かす能動的運動のみが影響を与えたことから,心像を動かすには,自発的な運動プランニングが重要な役割を担っていることを明らかにした。
   共著   2015/07