ナガイ ジュンコ
  永井 順子   社会福祉学部 福祉臨床学科   教授
■ 標題
  精神保健福祉相談援助の基盤(基礎)
■ 概要
  第二次世界大戦後につくられた福祉国家の体制がセーフティ・ネットとしての機能を充分に果たせなくなってきている状況を前に、新たな社会づくりの理念として登場した「社会的包摂(ソーシャル・インクルージョン)」について紹介した。まず、EU生まれのこの概念の日本における受容過程とその意義を整理し、次に、社会的包摂という新たな理念から導き出される精神障害者支援の視点を提示した。
   共著   弘文堂   2012/01