ナガイ ジュンコ
  永井 順子   社会福祉学部 福祉臨床学科   教授
■ 標題
  M.H.カサマユウ『乳がんの政治学』
■ 概要
  1990年代のアメリカで、乳がんと闘う女性たちが、草の根活動から全国組織(全米乳がん連合NBCC)を立ち上げ、ついにはクリントン大統領(当時)の協力も得、乳がんへの研究費を勝ち取っていく、その過程を分析した書。NBCCによる、署名活動、メディア戦略、ロービー活動などを政治学的に分析するほか、乳がんと闘う女性たちの姿を克明に伝える内容となっている。
   共著   早稲田大学出版部   2003/10