マジマ ヨシマサ
  眞嶋 良全   社会福祉学部 福祉心理学科   准教授
■ 標題
  受容方略課題と仮説評価課題における仮説検証過程
■ 概要
  情報収集を能動的に行えない受容方略課題,仮説評価課題という状況下での仮説検証方略の選択傾向を検討した。事例系列の観察後,より望ましいと思うテストを尋ねた所,課題の中盤から終盤にかけて負事例が選択されることが示された。この結果について,観察による負事例検証の価値の認識,あるいは序盤から,中盤,終盤に向けて生じる事例選択傾向の段階的変容という2つの点から解釈が試みられた。
   共著   心理学研究   第73巻1号   pp.42-50   2002/04