オカダ ナオト
  岡田 直人   社会福祉学部 福祉計画学科   教授
■ 標題
  【新聞掲載】「災害弱者」を守るには 胆振東部地震1か月㊤ 高齢者・障害者施設失われた日常 地域との連携築く必要
■ 概要
  電話での取材により、「北星学園大学社会福祉学部の岡田直人教授(地域福祉)は『日ころからどこに障害者や高齢者がいて、緊急時にどんな支援が必要かということを地域単位で把握する仕組みが重要』とした上で、行政は地域住民と福祉の専門機関をつなぐ専門職の配置を検討すべきだと提言する。福祉施設についても『災害時、福祉運営に支障が出た場合に備え、他の施設と連携し、有効的に協力し合う関係を築く必要がある。行政は積極的にその後ろ盾をしてほしい』と呼びかける。」とコメントが取り上げられた。
     北海道新聞   北海道新聞社   第27258号、16面、くらし   2018/10