ハン ムンヒ
  韓 文煕   経済学部 経営情報学科   教授
■ 標題
  身体化認知アプローチとSensory Marketing(Embodied Cognition Approach and Sensory Marketing)
■ 概要
  近年、様々な学問分野において、「身体化認知」(embodied cognition; embodiment; situated cognition, sensory anthropology, sensory branding, somaesthetic design etc.)の省察に基づいた研究が着実に進展している(Colombetti 2014; Dreyfus and Taylor 2015; Hook 2018; Jelic et al. 2016; Krishna and Schwarz 2014; Noe 2009; Pink 2009; 佐々木2008; Sheets-Johnstone 2016; Shusterman 2012; 菅原2013; Varela,Thompson, and Rosch 1991)。
 本研究では、身体化認知の新しい知見(kinetic bodily logos, somaesthetics etc.)を取り入れながら、特にアフォーダンス(affordance)、Kinesthesiaの視点に注目して、Sensory Marketingの新たな可能性、研究フレームワークなどについて考察する。
   単著   商品開発・管理学会   商品開発・管理学会第31回全国大会講演・論文集   pp.25-30   2019/03