シラトリ キンゴ
  白鳥 金吾   短期大学部 英文学科   准教授
■ 標題
  短期海外語学研修における観光ホスピタリティ教育の可能性
■ 概要
  近年の訪日客の急激な増加に伴い、観光分野の専門家だけでなく、外国語教育分野の教員の間でも、語学教育と観光ホスピタリティ教育の融合について、その可能性を探る動きが出てきた。北星学園大学短期大学部英文学科は、航空や観光、ホテル業界を目指す学生が多いことから、2011年度より「インターンシップ」、「総合ホスピタリティ」、「ホスピタリティと観光」の3科目を導入し、語学力を活かし観光ホスピタリティ産業で活躍できる学生を育てる試みを始めた。さらに、これまで実施してきた海外プログラムの中でも短期語学研修に関して、2013年度から「英語+観光ホスピタリティ」を融合させたプログラムを開発し、実施している。
本論では、海外語学研修と観光ホスピタリティ教育の融合の観点から実施した2013年度と2014年度の短期海外語学研修の取組をプログラム開発・引率者としての立場から報告する。
   共著   観光ホスピタリティ教育   日本観光ホスピタリティ教育学会   第9号   pp.3-14   2016/01