シラトリ キンゴ
  白鳥 金吾   短期大学部 英文学科   准教授
■ 標題
  ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)による日本人英語学習者の英語力及び技能別の特徴に関する研究
■ 概要
  ヨーロッパ言語共通参照枠(Common European Framework of Reference for Languages: Learning, teaching, assessment: CEFR)は、言語能力を記述する国際的な尺度の一つである。本稿では、短期大学部英文学科の英語学習者の英語力と技能別の特徴を把握するため、ケンブリッジ英検を実施した。調査から、44.8%の学習者がCEFRのB1レベルであることがわかった。また技能別の特徴として、87%の学習者が「話す」「書く」がB1レベルであり、90%の学習者が「聞く」「読む」がA2レベルであることが明らかとなった。
   単著   北星論集   北星学園大学   第15号   pp.1-9   2017/03