カモザワ アカネ
  鴨澤 あかね   社会福祉学部 福祉心理学科   教授
■ 標題
  心理士のアイデンティティーの揺らぎ-教育相談員の体験から-
■ 概要
  筆者が教育相談員の仕事を通して体験した心理士の専門性やアイデンティティーの揺らぎについて述べた。そしてそれらの揺らぎ体験の中で考えたこと、気づいたこと、調べて有用であったと思われる情報についても記述した。そこで筆者が見出したのは、専門的な知識や技術を学ぶことのみならず「出会いと別れ」といった日常的な現象を見つめなおすこと、来談者や心理士を取り巻く周囲の状況をきちんと把握し、専門家でなくとも知っている当たり前のことをきちんと理解しておくことが逆に専門家としての位置を客観的に捉え、確認するのに役立つということであった。
   単著   臨床言語研究 Internet Journal   第2巻   pp.16-22   2003/09