サイトウ マサシ
  斎藤 仁史   社会福祉学部 福祉計画学科   准教授
■ 標題
  新世代の公立図書館像と機能の重点移行メカニズム
■ 概要
  公立図書館が貸出重視から、変わろうとしている。この現象のメカニズムを、博物館の世代論を参考にして論じた。図書館の構成要素は、資料、施設、職員、利用者で、その間を、重心が移動する。それに伴い、機能の中心も移動することを論じた。
   単著   北の文庫   北の文庫の会   第66号   2017/11