サイトウ マサシ
  斎藤 仁史   社会福祉学部 福祉計画学科   准教授
■ 標題
  公立図書館における疎外の連鎖と課題:再考「貸出重視論」
■ 概要
  1970年代以降、日本の公立図書館は、貸出を重視し利用拡大という成果を生んだ。しかし今、その戦略が図書館および職員を縛り、公立図書館の運営を窮地に追い込んでいることを論じた。
   単著   北海学園大学大学院経済学研究科 研究年報   北海学園大学大学院経済学研究科   第13号   2013/03