カネコ ダイスケ
  金子 大輔   経済学部 共通部門   教授
■ 標題
  法律相談の記録とその手法
■ 概要
  第4部第2章「法律相談の記録とその手法」を担当した。法律相談のロールプレイや事例検討会では、その記録を分析や検討のためのリソースとして用いる。その際、どのようなリソースを用いるかによって、その後の分析や検討が変化する。そのため、リソースを意識的に選択し利用することが必要であり、同時に、それに応じた記録の手法が求められる。本章では、とくに法律相談の記録に着目し、その形態や手法について簡単に整理した。さらに映像記録をデジタル化する際の手法や問題点についても言及した。
〔241p〕
(担当部分)P231-P237
   共著   実践法律相談:面接技法のエッセンス   東京大学出版会   第4部第2章   pp.231-237   2007/07