カツムラ ツトム
  勝村 務   経済学部 経済学科   准教授
■ 標題
  北星学園大のパイプオルガン更新 半世紀の響きに幕
■ 概要
  道内最古のパイプオルガンのひとつで「日本のパイプオルガンの青春」ともいうべき楽器が設置された経緯とその後の経過を追うことにより、日本と北海道におけるオルガン受容のありようを浮き彫りにしている。
   単著   北海道新聞   北海道新聞社   北海道新聞2012年8月6日夕刊   2012/08