カツムラ ツトム
  勝村 務   経済学部 経済学科   准教授
■ 標題
  「クァルテット世界標準」を目指して-エク・プロジェクトの挑戦
■ 概要
  文化経済学の視角から日本の室内楽をめぐる状況について検討していくことを可能とするためのひとつの材料を提出することを狙いとして、日本の中堅の弦楽四重奏団クァルテット・エクセルシオとその支援組織として構想されているエク・プロジェクトの動向について、参与観察の成果を時系列的に叙述した。
(掲載部分)p□□~p□□
   単著   三色旗   慶應義塾大学出版会   第705号   2006/12