ナガヤ ユキヨ
  長屋 幸世   経済学部 経済法学科   教授
■ 標題
  「iPadを利用した実践的私法教育の研究」報告 : 大学間ゼミ対抗法律討論会でのiPad使用と,私法教育における法律討論会の効用ついて
■ 概要
  本稿は2012年度共同研究の実践報告である。本稿は、実践的な私法教育実施の一環として、主に大学対抗法律討論会に対する演習での取り組みにおいて学生にiPadを利用させることで、法律学学習におけるタブレット端末(iPad)活用という新しい学習方法について検討するものであり、主にゼミでの活用状況と、iPad利用をめぐる今後の課題についての執筆を担当した。演習におけるiPadの利用形態として、従来指摘されてきた判例・資料検索以外にも、情報共有(例えば同一ゼミ内及び他ゼミとの貸出図書情報の共有、ゼミ内での勉強会実施情報の共有等)、活動記録の作成・保持に活用することができると共に、スケジュール管理、プレゼンへの活用等の利用可能性を明らかにした。さらに今後の課題として、設備環境の充実の他に、iPadの特性である機動性を活かしたプレゼンの可能性や複数のiPadを用いた双方向通信機能の活用を指摘した。
   共著   北星論集   pp.15-28   2013/09