ヤマグチ ヒロノリ
  山口 博教   経済学部 経営情報学科   教授(嘱託)
■ 標題
  【紀行文】蝦夷島探索紀行―松前藩史と東北学との関連で―
■ 概要
  2008年8月に旅行をし、江刺、函館、松前、上ノ国という松前藩に関連した地域を訪ねた。1500年から明治維新まで約500年近くに渡りこの地を支配した藩の歴史とその独特の性格を実際に見て、雰囲気を掴むためであった。また秋には東北の十三湊を訪ね、藩の設立にかかわった安藤家がいかに東北から蝦夷へ脱出せざるをえなっかたかを、博物館で見た。以上の体験と、最近の東北文学で蝦夷を東北学の立場から描いた小説、及び蝦夷とアイヌとの関係についての東北学の成果との関連でまとめた紀行文である。
   単著   ブレーメン館   同人誌、ブレーメン館   第7号   2009/06