ナカムラ カズヒロ
  中村 一浩   経済学部 経済学科   教授(嘱託)
■ 標題
  ドイツ占領地域に於ける労働力徴用と国内移送 1943-44年
■ 概要
  1943年7月の「城塞」作戦中止の契機となった米英連合軍のシチリア島上陸後の戦局がもたらした予想外のイタリア兵捕虜の強制労働の展開及びこれと表裏の関係をなすウクライナを中心とするソ連民間人の労働力化(ドイツ国内移送)の首尾の如何、更に後者のイデオロギー的土台をなす「反ボリシェヴィズム」キャンペーンの推移について論じたもの。
(掲載部分)p67-p75
   単著   北星学園大学経済学部北星論集   北星学園大学   第44巻第2号(通巻第47号)   pp.67-75   2005/03