ナカムラ カズヒロ
  中村 一浩   経済学部 経済学科   教授(嘱託)
■ 標題
  ドイツに於ける「参加」の系譜(3)
■ 概要
  19世紀ドイツの労働者「参加」の思想的系譜を詳細に検討し、今日の労使共同決定の原型が既に19世紀の様々の思想家達の構想や労働者の要求の中で確立されていったことを明らかにすると共に、併せてその土壌をなす既成事実として中世以来の手工業ツンフトや鉱業業、更にはマニュファクチュアに於ける「参加」の実体を明らかにしたたもの。
   単著   商経論集   早稲田大学大学院商学研究科   第39号   pp.1-20   1980/09