スズキ カツノリ
  鈴木 克典   経済学部 経営情報学科   教授
■ 標題
  教育手段としてのカヌープログラムの可能性第一報~スポーツ振興規定による競技カヌークラブ育成の経過報告~
■ 概要
  教育機関においては、生活環境の変化に伴い学生等の意識、行動様式、価値観の変化、学力低下のみならず体力や運動能力の低下傾向が顕著である。そしてこのことは、体力や基礎運動能力及びスポーツ活動や集団生活体験から培われるリーダーシップや相互協力意識の低下をも招き、健康管理面や生活指導、事故防止への悪影響も懸念されている。そこで、本学で実践しているカヌープログラムを通しての教育手段の可能性を探っている。論文執筆・分析の一部を担当。
   共著   駿河台大学論叢   駿河台大学教養文化研究所   第24号№2   pp.155-175   2002/11