アキモリ ヒロシ
  秋森 弘   経済学部 経済法学科   教授
■ 標題
  全額自主運用移行後の郵貯資金運用のあり方(委託研究)
■ 概要
  2001年を目途に全額自主運用されることとなった郵便貯金資金の運用のあり方につき、経費率、運用手段、収益性、商品性などを踏まえながら、地域振興政策と社会資本整備として、地方自治体への融資、地方債購入、民間金融機関との協力体制の確立、銀行貸付債権証券化商品購入などを提言した。
(担当部分)p1~p76
   単著   北海道郵政局貯金部   pp.1-76   1998/03