アキモリ ヒロシ
  秋森 弘   経済学部 経済法学科   教授
■ 標題
  自己資本比率規制による銀行経営健全化の検討
■ 概要
  自己資本比率規制が銀行の経営健全化に寄与するか否かについて、既存の研究としては、理論的側面からのものと、実務的側面からのものとが存在する。本稿は両者の橋渡しをすることを狙い、まず、銀行規制の存在意義および自己資本比率規制の有効性について既存の研究を展望した後、現実のBIS規制が理論的視点からみて望ましいものとなっているか否かを考察した。
   単著   国民経済   国民経済研究協会   №158   pp.1-21   1994/03