シュウ ゼンジ
  修 震傑   経済学部 経済学科   教授
■ 標題
  環境政策の制定と実施のタイミング問題-政府・企業の交渉におけるゲーム理論分析-
■ 概要
  本論文は、ゲーム理論に基づいて、環境政策の制定や実施のタイミングおよび可能性を研究したものである。生産者側は、政策当局が生産者の利益をも考慮するということを巧みに利用して、政策の実施を遅らせるインセンティブを持っている。この状況において、環境政策の実施のタイミングはどうであろうか、本論文はこの点についての理論的な研究である。
(担当部分)共同研究につき本人担当部分抽出不可能
   共著   北海道農業経済研究   北海道農業経済学会   第4巻第2号   pp.63-75   1995/05