イワモト イチロウ
  岩本 一郎   経済学部 経済法学科   教授
■ 標題
  【書評】「アイロニー」を真剣に受け止める
■ 概要
  本稿は、アメリカの憲法学者オーエン・フィスの近著『自由な言論のアイロニー』(1996年)の紹介である。フィスは、言論の自由の価値を「抑圧のない活発で開かれた」公共的討議の前提条件であることに求め、この観点からアメリカ合衆国最高裁により確立されてきた「言論の自由の伝統」を厳しく批判する。
   単著   アメリカ法   日米法学会   1998年1号   pp.51-57   1998/07