イワモト イチロウ
  岩本 一郎   経済学部 経済法学科   教授
■ 標題
  【研究報告】年金問題と憲法
■ 概要
  本報告は、年金問題を憲法問題として論ずることにともなう固有の困難とディレンマを指摘しつつ、その困難やディレンマを解決するための手がかりを、これまでの憲法25条の生存権保障をめぐる判例・学説の蓄積のなかから探ることを目的としたものである。本報告では、生存権の請求権・自由権・平等権としての各側面から、年金問題の各論点に切り込み、その憲法適合的な解決の可能性について簡単に考察した。
(掲載部分)p20
   単著   北海道自治研究   社団法人北海道自治研究所   pp.20   2007/11