イワモト イチロウ
  岩本 一郎   経済学部 経済法学科   教授
■ 標題
  北海道と憲法-地域から地球へ-
■ 概要
  日本国憲法が制定されて半世紀を超え、北海道でも数多くの憲法裁判が提起された。本章は、北海道を舞台とする重要な憲法裁判を、特に平和・環境・自立・福祉・民主主義という憲法的価値の観点から整理紹介することを目的とする。ここでは、恵庭事件、長沼事件、伊達環境権訴訟、二風谷ダム訴訟、在宅投票制度廃止違憲訴訟などの憲法裁判をとくに詳しく取り上げた。〔232p〕
   共著   法律文化社   pp.193-215   2000/05