オオハラ マサアキ
  大原 昌明   経済学部 経営情報学科   教授
■ 標題
  高等教育機関における障害学生の情報保障支援の課題(1)
■ 概要
  本研究は、現下における障害者差別解消法等の政策展開のなかで、障害者に雇用機会を保障するためには、高等教育を希望する人々に大学教育の機会を保障していくことが必要と考えて着手したものである。
この研究では、修学支援を行う先進的な大学・組織を訪問し聞き取り調査を行って実態をまとめ、障害を持つ学生のためにどのように情報保障すべきかについて考察したものである。
大原はこの論文の中では「3 大学における障がい学生の修学支援の歴史と課題」を担当し、障害者差別解消法までの大学を中心とした障害者支援の経緯をまとめ、これまでどのような特徴があったのか、そして今後、残された課題は何かを考察した。
   共著   北星学園大学社会福祉学部北星論集   第55号   pp.89-110   2018/03