ミヤザワ テルエ
  宮澤 照恵   経済学部 共通部門   教授(嘱託)
■ 標題
  「『西鶴諸国はなし』「大晦日は合はぬ算用」の構想と方法」
■ 概要
  『西鶴諸国はなし』巻一「大晦日は合はぬ算用」を、西鶴の創作方法に注目して読み直したもの。新たに盗人説話を本話の素材として提唱し、咄全体を貫く論理が「算用が合う、合わない」にあること、そこに当てはまる様々なエピソードを繋ぎ合せていること、及び「盗人説話」を、仲間うちの義理が生きる浪人群像に取り込む着想に西鶴の作為があるとした。
   単著   北星学園大学文学部 北星論集   北星学園大学   第50巻57号   pp.124-111   2013/03