ミヤザワ テルエ
  宮澤 照恵   経済学部 共通部門   教授(嘱託)
■ 標題
  「楽のまごの手」の素材と方法-『西鶴諸国はなし』の研究
■ 概要
  これ迄未詳とされてきた『西鶴諸国はなし』巻5「楽のの手」の原拠が、鎌倉五山建長寺の開祖、大覚和尚にまつわる伝承と、御猿場山王の縁起譚であることを考証。同時に西鶴の素材離れ、作品構築の方法を、俳諧の符号や転合化を手がかりに追求し、「楽のの手」一篇の作られ方をほぼ完全に解明した。
   単著   国語国文研究   82号   pp.28-51   1989/03