タナセ エリヤ
  棚瀬 江里哉   経済学部 共通部門   教授
■ 標題
  【翻訳】 食の政治--想像力、そして世界の創造と解体
■ 概要
  レイモンド・エップ氏の論文の翻訳。「食物は神からの恵みであり、世界とすべての人を創造したのは神である」と信じるものは、滅ぼすシステム、構造的な暴力の中にあっても、人間の尊厳を回復する共同体を築くことができることに希望を見出す。
   単著   いずみ   日本メノナイトキリスト教会協議会   第25号   2013/04