ジェームズ・アリソン
  ジェームズ・アリソン   社会福祉学部 共通部門   教授
■ 標題
  サラ・C・スミスの精神
■ 概要
  キリスト教精神(神と共に生きること)は創立者のサラ・C・スミスの時代から北星学園の形成と成長における中心な役割を果たしてきた。その精神は神の啓示とイエス・キリストの福音に基づき、19世紀の長老派教会の伝統とスミスの信仰を通して形作られてきた。本稿は、スミスの伝えたキリスト教精神の本質、(信仰内容、霊的成長への様々な影響、彼女の霊的実践、それによって創立された学園への影響の分析を試みたものである。)
(掲載部分)p27-p44
   単著   北星学園女子短期大学紀要   北星学園女子短期大学   第35号   pp.27-44   1999/03