トヨムラ カズマ
  豊村 和真   社会福祉学部 福祉心理学科   教授(嘱託)
■ 標題
  視覚・聴覚障害学生に対するイメージの意味構造-中学生・高校生・大学生についての検討-
■ 概要
  中学生~大学生の被験者が,視覚障害学生および聴覚障害学生に対して持つイメージの意味構造を研究した。556名の被験者が,視覚障害学生,聴覚障害学生,好みの男子学生,好みの女子学生,成績優秀な学生,自分自身の概念に対して29の記述子から当てはまるものを選択した。コレスポンデンス分析では,障害学生群のイメージの意味的構造は他の学生群とは対極に位置していた。視覚障害学生と聴覚障害学生ではやや視覚障害学生のほうが好意的な表現が選ばれた。これらについて,発達的にわずかな変化が見られた。
(掲載部分)p1-p14
   共著   北星学園大学社会福祉学部北星論集   北星学園大学   第44号   pp.1-14   2007/03