トヨムラ カズマ
  豊村 和真   社会福祉学部 福祉心理学科   教授(嘱託)
■ 標題
  【研究ノート】知的障害児の歩行にみられる外見特徴に関する考察
■ 概要
  知的障害に関するマイナス要因を除く目的で、成人139名を対象に、ビデオ撮影した知的障害を持つ児童ともたない児童の歩行状況を所定のチェックリストを使用して、その着目点の相違を検討した。その結果、ほぼ過去の研究に準じた結果が得られたが、知的障害児の歩行そのもの稚拙さが必ずしも問題ではなく、身だしなみ、動作の緩慢さ、きょろきょろしている、力が抜けている感じがする等の要因も知的障害児の歩行のマイナス要因を強めていることが示された。
(担当部分)共同研究につき本人担当部分抽出不可能
(掲載部分)p43-p48
   共著   北星学園大学社会福祉学部北星論集   北星学園大学   第37号   pp.43-48   2000/09