スギオカ ナオト
  杉岡 直人   社会福祉学部 福祉計画学科   教授(嘱託)
■ 標題
  町内会今昔
■ 概要
  第5章「町内会の現状と課題」を担当。親睦機能を基本とする町内会に、近年、在宅福祉を中心とする地域福祉の課題に対応する再編の動きがみられるようになってきた。町内会組織の中に福祉関係の具体的援助機能を制度化させることは、組織の拘束性を利用することになり、自主性・自発性を原則とする町内会活動と矛盾が生じてくる。町内会組織を「良き隣人」としての人間関係を作り出す組織として位置づけ、情報提供機能の課題が求められていることを明らかにした。筆者の担当部分はである。
〔315p〕
(掲載部分)p239-p291
   共著   北海道新聞社   pp.239-291   1994/09