スギオカ ナオト
  杉岡 直人   社会福祉学部 福祉計画学科   教授(嘱託)
■ 標題
  ボランティア活動と公私問題に関する調査研究
■ 概要
  福祉社会建設にとってボランティア活動の推進は不可欠である。日本においては宗教的な基盤も弱く、行政の対応も財政的な負担の軽減を優先してあらゆる領域にボランティアを活用しようとしている。本研究では公私問題の基本としてボランティアグループが在宅福祉活動にどのような志向性をもっているかを調査し、ボランティアの関わり方の原則について明らかにした。
(担当部分)共同研究につき本人担当部分抽出不可能
(掲載部分)p3-p34
   共著   北海道社会福祉基金北海道社会福祉協議会   pp.3-34   1987/03