スギオカ ナオト
  杉岡 直人   社会福祉学部 福祉計画学科   教授(嘱託)
■ 標題
  要介護者の在宅生活期間を規定する在宅福祉サービスの水準に関する研究(その2)
■ 概要
  要介護にある高齢者が病院からの退院を契機に在宅ケアを受けて生活しているケースが増加する状況をケーススタディで分析をおこない、さらにケア資源とサービス供給体制の利用について行政および社会福祉協議会担当者への郵送アンケートの実施をふまえて老人保健施設マップデータの比較をふくめて構造的に分析をおこなった。
(担当部分)共同研究につき本人担当部分抽出不可能
(掲載部分)p85-p98
   共著   高齢者問題研究   北海道高齢者問題研究協会   No.13   pp.85-98   1997/03