スギオカ ナオト
  杉岡 直人   社会福祉学部 福祉計画学科   教授(嘱託)
■ 標題
  日本農業の21世紀戦略(2)-家族経営協定の現状と課題-
■ 概要
  家族経営の基本は家族関係のなかに継承と権限の委譲がどのようにインストールされていくかにあることを指摘して、近年、家族経営協定としてとりくまれている新たな経営慣行に家族モデルとしての近代化コンセプトがどう接続するのかを農家の意識構造との関連でとりあげ分析している。ジェンダー視点の必要性もここでは明確にされている。
(掲載部分)p2-p7
   単著   農政調査時報   全国農業会議所   533号   pp.2-7   2001/02