スギオカ ナオト
  杉岡 直人   社会福祉学部 福祉計画学科   教授(嘱託)
■ 標題
  地域福祉推進と自治体行政の新たな役割
■ 概要
  自治体が分権時代の主要な課題を担う段階を迎えるなかで地域社会における自立した生活を希望する人々にどのようなオプションを提供できるのかそれが住民の協力と自治体の受け止め方で大きく異なってくる。先進的な福祉自治体は住民活動を尊重しエンパワメントの重要性を理解した自治体のマネジメントが過疎自治体等の大きな課題になることから健全なサービスの評価機構を確立し相互に自治体が運営に関する比較を可能にしながら進めることが求められている。
(掲載部分)p19-p28
   単著   地域福祉研究   日本生命済生会   31号   pp.19-28   2003/03