スギオカ ナオト
  杉岡 直人   社会福祉学部 福祉計画学科   教授(嘱託)
■ 標題
  【研究報告】小規模多機能サービス拠点の成立条件と多面的展開に関する研究(厚生労働省科学研究費報告書)
■ 概要
  自治体アンケート調査では小規模多機能サービス拠点を含む地域密着型サービスの展開にあたっては、既存の施設、組織等の活用による展開が多いが、自治体の人口規模や地域性によって活用できる資源に差異がある。小規模な自治体においては、民間事業者による展開の見込みが少ないため、行政の役割の重要性が高く、社会福祉協議会等を巻き込んだ行政主導による展開が求められる。事業者間のサービス水準格差、市街地部と郊外部の地域格差への懸念が高く、民間事業者への適切な情報提供によるサービス水準の確保、地域性を配慮したサービス誘導施策が必要である。
   共著   厚生労働省科学研究費報告書   2006/03