コガ キヨタカ
  古賀 清敬   文学部 共通部門   教授(嘱託)
■ 標題
  預言者エレミヤの祭儀批判 ―エレミヤ7:1-8:3をめぐって― (その3・祭儀の全面否定か)
■ 概要
  預言者エレミヤの祭儀批判で、エレミヤ7:21-26は祭儀の神的規定自体を否定するという最も根源的な批判を行なっている箇所である。それらの意味を、各節の釈義とエレミヤの親族関係、一連の「告白」との考察によって解明しようと試みた論文。
   単著   北星学園大学文学部北星論集   北星学園大学   第49巻(通巻第56号)、第2号   2012/03