オオシマ スミコ
  大島 寿美子   文学部 心理・応用コミュニケーション学科   教授
■ 標題
  【書評】『医療の歴史』
■ 概要
  スティーブ・パーカー著『医療の歴史』(創元社)の書評。時代とともに人の身体に対する理解が進み、医療技術も大きく進歩してきたと同時に、医療という営みにはその時代の価値観が内包されていることを指摘し、私たちの身体観や疾病観とは違ったまなざしを持つ過去の時代の人々の感覚に触れることの重要性について述べた。
   単著   共同通信社から全国の地方紙に配信、掲載   社団法人 共同通信社   2016/02