オオシマ スミコ
  大島 寿美子   文学部 心理・応用コミュニケーション学科   教授
■ 標題
  WalkからWorkへ~ふまねっと運動の出自と理念~
■ 概要
  高齢者の運動機能を改善するためのリハビリトレーニングや認知機能の低下を防ぐ各種の運動プログラムの中で、我々が開発した「ふまねっと運動」がどのような原理と理念を持っているかを解説した。本運動が歩行運動でありながら「学習済みの機械的な運動」ではなく、「結果を予測計算して試行錯誤する未経験の運動」であり、筋力向上を目的としないという点で従来の高齢者向けの歩行運動やパワーリハなどのリハビリ運動プログラムとは大きく異なることを示した。
   共著   看護学雑誌   医学書院   10月号(72巻)   pp.870-880   2008/09