タカノ ショウジ
  高野 照司   文学部 英文学科   教授
■ 標題
  Speaking politely but powerfully : A linguistic dilemma for Japanese professional women in charge
■ 概要
  近年のめまぐるしい女性の社会進出に伴い、婉曲的で丁寧な物言いを文化的規範として持つ日本女性が、職場で管理的役割を果たす上で言語使用上の「ジレンマ」に直面していると言われる。本研究では職場での命令表現の使用に着目し、彼女らのジレンマ克服の談話的ストラテジーを検証した。自然談話を分析資料としている点において、また、その規模においてもこれまで類を見ない。
   単著   北星学園大学文学部北星論集   北星学園大学文学部   第37号   pp.71-87   2000/03