タカノ ショウジ
  高野 照司   文学部 英文学科   教授
■ 標題
  The Process of Article Acquisition by Japanese Learners of English as a Foreign Language: A Longitudinal Investigation
■ 概要
  日本人大学生2名を被験者として、英語定冠詞と不定冠詞の習得過程を通時的に研究した。大学入学時から2学年終了時までの2年間に書かれた英語小論文を分析資料として、冠詞の指示的・談話的機能、付与される名詞の種類、前後の名詞修飾語句の有無、文章内の位置など様々な要因を考慮に入れた多変量解析を行った。研究成果として、ESL環境とは異なるEFL環境特有の習得過程、集団観察法では捕らえきれない習得の個人差、学習者が能動的に講ずる習得ストラテジーなどが明らかとなった。
   単著   Seijo English Monographs   成城大学   第36号   pp.105-162   2003/09